忍者ブログ
只今☂風炉より、引越し作業中♪

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

SHOW AND HIDE * PLUGIN
2017.10.18 Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.01.10 Tue
東映
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』-

男たちの大和/YAMATO

いや~観て来ましたよ~ヤマト。

予告編だけでウルウルくるほど涙もろい私なんで、

映画館で観るのは抵抗があったんだけど、

友達が凄い凄~い観たそうだったので、

映画館で涙でメイクを落とす覚悟で観てきました。

さすがに水曜日だけあってシアター内は満員御礼状態。
さすがに『大和』だけあっていつもより年齢層が高い。

いつ涙が出てもいいように、

手元にハンカチをスタンバっておいた。


超簡単なあらすじ。 >
鹿児島県枕崎で漁師をしている老人神尾(仲代達矢)の元に、
内田真貴子(鈴木京香)という女性が大和が沈んだ場所へ船を出して欲しいとやってくる。 実は神尾は特別少年兵として大和に乗っていた。そして、彼女の父も内田二兵曹(中村獅童)として乗っていたのだった。

大和が沈んだ場所へと向かいながら、当時の事を語りだしていく。




もうね…どの辺だったかは覚えてないんだけど、

かなり早い所でウルウルきてました・・・・。

最後までずっとドライアイになることはなかった・・・。

さすがに戦闘シーンはウルウル来なかったけど・・・なんていうか・・・凄かった。

プライベート・ライアンほどでもないか・・・でもそれに近いんじゃないかな…。

もしこの映画を一人で家で観ていたら、ウルウルどころじゃなくウォンウォン泣いてたと思う・・・。。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。


『おかーさーん さよーならー』とか泣くポイントでした。(死二方用意のシーンですね・・・。)

『お兄ーさーん さよーならー』も。(戦闘で亡くなった人を海に葬るシーン)

あぁそぅそぅ、最後にお母さんにお別れを言うシーンとか・・・。

数えたらキリが無いくらい・・・。始終ウルウルでしたよ私・・・。


そうだ・・・どこのシーンだったか忘れてしまったんだけど、

またもやウルウルしてたら、胸の辺りが急に暖かくなったんです。

何て言ったらいいのか・・・。

胸からお腹の辺りに丸い暖かいものがボワッてきたんです。

「何?」「???何???」とあまりに驚いて、どんなシーンだったかサッパリ覚えてません・・・。orz

一体何だったんでしょうか?

何だか不思議な体験をしちゃったみたいです。


ちなみに一緒に行った友達にはこの事話してません。

だって・・・どこのシーンだったか覚えてないし、説明しようがないし・・・。

もしかして、友達もボワッてきてたのかな?(-ω-;)ウーン

ホントに一体なんだったんだろう・・・?



男たちの大和/YAMATO@映画生活

↓モバイル用リンク↓


YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMA...

男たちの大和/YAMATO


PR
この記事にコメントする
お名前
題名
文字
郵便
自宅
言葉
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
93   92   91   90   89   88   87   86   85   84   83  
忍者ブログ | [PR]
| Design by幹