忍者ブログ
只今☂風炉より、引越し作業中♪

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

SHOW AND HIDE * PLUGIN
2017.11.18 Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005.12.20 Tue
市川 拓司
そのときは彼によろしく

市川先生の作品を読むのはこれが2作目ですが、
(1作目はかの有名な「いま、会いにゆきます」です。あと、原作は読んでませんが、ドラマで『Separation』見ました・・・途中までですが・・・(;´Д`A ```)
やっぱり好きですね~(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン
何て言ったらいいかわからないんだけど、
不思議な優しさがありますよね。
それが好きです。

で、この方の作品と言えば(私が勝手に思ってることですが)、
必ず不思議なことが起こるじゃないですか?
例えば、「いま、会いに~」なら死んだはずの妻が現れたり、
「Separation」なら妻がみるみる若くなっていったり(アンチエイジングや整形のレベルでなく)、
しかし、この作品はそんな不思議な事が半分・・・いや佳境に入るまで全然起きなかったんですね。
なので、そこまでは「あ~今回は普通の小説なのか~」って思ってたんですけど、
やっと不思議なニオイがしてきて、(ノ´▽`)ノオオオオッ♪来た来た~♪
と妙な気分になりました☆

そういった点で、この作品は推理小説の気分も味わえます。
誰かが殺されたり殺したりといったような推理小説では全く無いですがw
読んでいると幾つか「?」の部分があって、そこが最後に繋がるって意味でw

あぁそぅそぅ、もう一つ大事な事。
もちろん、感動もあります!!
主人公とお父さんのシーンは、最後、涙がボロボロでした。。。
(┯_┯) ウルルルルル


この本は実は借りて読んだのですが、手元に置いておきたい一冊になりました。




↓モバイル用リンク↓

そのときは彼によろしく
PR
この記事にコメントする
お名前
題名
文字
郵便
自宅
言葉
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
88   87   86   85   84   83   82   81   80   79   78  
忍者ブログ | [PR]
| Design by幹