忍者ブログ
只今☂風炉より、引越し作業中♪

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

SHOW AND HIDE * PLUGIN
2017.12.12 Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.07.15 Sat
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
プリティ・ガール

ローマの休日の王子版といった所かなぁ。

まぁ…数段格が下がるけど…汗

ローマの休日と比べる事自体間違ってるのかもしれませんが…汗汗汗


窮屈な王室(ちなみにデンマーク)から自由の国アメリカへ飛びだした王子エディ(ルーク・マブリー)と

恋を知らない勉強一筋の真面目な大学生ペイジ(ジュリア・スタイルズ)が出会い(ちなみにこっちが主人公)

最初はエディの遊び人っぷりにペイジは嫌気がさしていたものの、次第に心が惹かれて行く。

やっと二人の思いが重なった時、エディの正体がバレてしまい、離れ離れになる。

しかし、本当の自分の気持ちに気付いたペイジは祖国に帰った王子を追いかけデンマークへ。

二人は無事再会し、デンマーク王室(?城?)で一緒に暮らしていくが…。


…書きすぎかな…。

8割方書いちゃった気が…。

まぁ…いっか…?

どうせ定番のティーンムービーだし…。(ーー;)

m(_ _;)m ゴメンナサイ!!




個人的に、王室でペイジが猫背を頻繁に直されるシーンがツボでした恋の矢

こう…肩をグッと押されて。。。

アメリカ人も猫背多いんだな~なんて思ったり、

自分も直さなきゃな~なんて思ったりwww


プチ不満ポイントはラスト

もうちょっと追って欲しかった…。

そこでそういうオチになるのは解りきってるから、

どうせなら、「それから●年後」とかちょっと見たかった。

でも、この映画がヒットした時の為に(ヒットしたっけ?)

続編として「その後」を作るつもりだったって可能性も…無きにしも非ず。





↓モバイル用リンク↓


プリティ・ガール
PR
この記事にコメントする
お名前
題名
文字
郵便
自宅
言葉
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
138   137   136   135   134   133   132   131   130   129   128  
忍者ブログ | [PR]
| Design by幹